地頭のいい子を育てる最先端教育サイト

子どもの勉強はリビングで!子ども部屋なしリビング学習がおすすめの3つの理由

お勉強のコツ

あえて子供部屋を作らず、子供の自宅での学習をリビングでさせるという家庭が増えているそうです。部屋が6つも7つもあるような大きな家ならともかく、都心のマンション世帯なら苦肉の策でそうせざるを得ない家庭もあるかもしれませんが、あえてそうしている家庭があるのはやはりメリットがあるから。かくいう我が家も「リビング学習」をさせています。どんなメリットがあるのか、ご紹介しましょう。

 

子供部屋がないメリットって?

我が家の息子は今小学5年生ですが、子供部屋はありません。

本当は欲しいと思っているかもしれませんが、今のところ欲しいとは言いません。

このため、家にいる時は寝る時以外はリビングにいます。

寝室はありますがそれは「子供部屋」ではありません。

では、子供部屋がないメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

家族での会話が増える

家族が一つの部屋にいる時間が長いわけですから、自然と会話も増えます。

会話が多ければ、子供が外でどんな経験をし、今何を考えているのかが良く分かります。

万が一非行に走りそうな可能性があればその芽を早く摘むことが可能ですし、もしいじめられているようなことがあれば、早期の対応が可能です。

無駄な家具の買い替えが少なくて済む

「子供部屋」を作ってしまうと、子供しか使わない家具が必要になります。

子供しか使わない家具は大抵子供向けのサイズです。

しかし、子供は成長します。成長に伴い、また大きな家具が必要になります。

しかし常にリビングにいると椅子以外は大人と兼用ですから、子供用家具が必要ありません。そのためのお金を勉強やレジャーなど、他に回すことが可能です。

リビング学習がおすすめの3つの理由

子供部屋がないので、我が家はリビングで勉強しています。これまでリビング学習を続けていて「良かった」と感じたことが3つあります。

いつも親の目の届くところにいる

勉強しているにせよ遊んでいるにせよ本を読んでいるにせよ、いつも目が届きます。

何をしているのか?どんな本を読んでいるのか?いつでも把握できます。

勉強しているのなら、今何を勉強しているのかすぐに把握できますし、子供の側にしてみれば分からないことがあればすぐ目の前にいる親に質問できる、というメリットがあります。

親も常に姿を見せている

父親の私が在宅ワーカーであるといった特殊な事情もありますが、子供の目の前でしっかりと仕事をしている姿を見せられる、というメリットもあります。

「お父さんが頑張って仕事しているのだから、ぼくも頑張ろう」と思ってもらえたら言うことはないですよね。

もちろん、子供が勉強しているのに親がテレビを見ているわけにはいきませんしね。

子供に常に見られているということは、親の側も「家事も仕事もしっかりしなきゃ」と背筋がピンと張る思いになれるのです。

 

テレビを見て浮かんだ疑問をすぐ調べるようになる

リビングで学習するからといって、常に勉強しているわけではありません。

テレビももちろん見ています。

うちの子は「ダーウィンが来た!」などの自然科学系の番組が好きなのですが、そういった番組を見ていて疑問に思ったことがあると、リビング学習の環境なら手の届くところに自分の図鑑や辞書などが置いてあるのですぐに調べられる、といった利点もあります。

疑問に思ったことをすぐに調べるというクセがついた。これもリビング学習をしていて得たメリットでした。

 

 

まとめ

いいことづくめのような「子供部屋なし、リビング学習」ですが、もちろんデメリットもあります。子どもの学習プリントが散乱する、消しゴムのかすが散らかる、誰かが勉強(仕事)をしているとテレビが見られない…、などなど。
でも、そういったデメリットは努力で克服できます。そんなデメリットよりも、子供の学力アップや情操教育にメリットがたくさんある「子供部屋なし、リビング学習」。途中から切り替えることはなかなか難しいですが、まだまだお子さんが小さいというご家庭は、是非一度検討されてみてはいかがでしょうか?

地頭のいい子を育てる最先端教育メディア
タイトルとURLをコピーしました